Amazon.co.jp ウィジェット

<< 高度238叩.茵璽愁蹇 | main | 再起動 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -|
「Parallax -内在する視差-」桑島秀樹展 2011/9/2(Fri)ー9/24(Sat)
写真家/芸術家である桑島さんから、展覧会のご連絡をいただいたどんっ

来月9月に地元大阪では約9年振りとなる個展を開催されるとのこと。
大阪での久しぶりの個展は、これまでとは違う新しい試みをスタートされるとのことで、今回はアナログB/W銀塩写真の新シリーズを展示される。

「Parallax -内在する視差-」
場所:The Third Gallery Aya
期間:2011/9/2(Fri)ー9/24(Sat)

●The Third Gallery Aya●
ギャラリースケジュール
大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル2F
TEL/FAX:06-6445-3557
休廊日:日曜・月曜
開廊時間:火〜金/12:00〜19:00 土/12:00〜17:00
http://www.thethirdgalleryaya.com/

むっふー、実に興味深い結晶
注目すべき芸術家である桑島秀樹さんの作品、是非ご高覧下さい。

また、引き続き10月は所属画廊である『レントゲンヴェルケ』(東京馬喰町)にて、ガラス用いた新作の個展を開催されるとのこと。
こちらも是非!


以下、大阪展プレスリリース
---------------------------------------------------------------------
●The Third Gallery Aya●
ギャラリースケジュール
大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル2F
TEL/FAX:06-6445-3557
休廊日:日曜・月曜
開廊時間:火〜金/12:00〜19:00 土/12:00〜17:00
http://www.thethirdgalleryaya.com/

9月は桑島秀樹の当ギャラリーでの初個展を開催致します。
グラスやデキャンタを大判のカメラにて撮影し、ガラスの透明感を生かした多層レイヤーをプリントした
曼荼羅をも思わせる複雑で重厚な作品"THE WORLD"が代表作です。
本拠地大阪での久しぶりの展示は、これまでとは違う新しい試みをスタート致します。
桑島の実家は父の代からの営業写真館で、自宅でもありスタジオでもあったその場所に溢れていた写真が
今回の作品のベースになっています。
父親が自らの習作のために撮影した写真を覗き込んでいた桑島自身の視線を多重露光という形で写し込まれたのが、
今回のアナログ作品です。
現在の桑島の作家としてのあり方の重要なキーとなる、父親、そしてそのスタジオの存在。作品には父の時間、
そして桑島の時間という二つの時間があり、また幼い桑島が感じていた「写真」そして「仕事」への興味、
またその厳しさへの恐れという感情的なものが数十年の時間を経て、複層的に重なっています。
"THE WORLD"が視覚的な複層性の面白さを追求したものを一壁とするなら、"Parallax"は時間と感情の複層性を追求した
その対となる新たな壁となると思います。
どうぞ桑島の新たな面をご覧頂ければと思います。

また、9/2(金)19:30-21:00にギャラリーにて、桑島秀樹のアーティストトークを開催致します。
是非御参加下さい。
参加費:800円(税込、ワンドリンク付き)定員:25名(要予約)予約先:06-6445-3557 ayay@osk.3web.ne.jp
尚、9/3(土)17:00-20:00はオープニングレセプションを開催致します。
是非、お越し下さい。

サードギャラリーAya

■ 桑島秀樹展「Parallax -内在する視差-」/Hideki Kuwajima "Parallax"
2011/9/2(Fri)ー9/24(Sat)

アーティストステートメント
"Parallax"

作品のベースとなる肖像写真は1950年代より60年代にかけて写真家である父により撮影されたものである。
当時は営業、広告写真及び写真作家は写真士(師)または写真家と一般的に認識される度合いが
現在よりも強く、特別な撮影技術を要した職人として業界隆盛の一端を担う存在であった。
また肖像写真家としての確立を更に目指すべく作品制作は父にとって絶対的なものであったと思われ
盛んにプロ、アマ問わず彼の審美眼に叶ったモデルがスタジオ、ロケ等で幾度もカメラに収められていた。
それら人像の殆どは営業写真のそれとは相反するように笑顔が無く且つ穏やかさが排除されており
僅かな点数に見られるその微笑みも重厚さを伴った独特な重苦しさで表現されていた。

自宅兼スタジオであった我が家にはそんな父の作品や仕事としての写真が溢れており
その家中において物心ついた私にとっての唯一の鬼門の場は"写場"(しゃじょう)と言われる2階のスタジオであった。
来客時以外は僅かな明かりが灯るだけのその場所には成人式や七五三等の商品としての写真を
凌駕する程の前述の作品が数多く並べられそれはある種営業を度外視した程に思える展示のさまで
幼い私はその場でそれら作品と対峙する事に奇妙な恐怖心を抱き続けていた。
現在ではそれゆえの「力強さ」と解釈できようものだが子供心にはそのような
理解力など持ち合わせようもなく、恐い割にはその理由を探そうとしたのか日中に限りそれらを離れたり寄ったりして
眺めたものである。
しかしその不思議な底気味悪さに変わりは無く整然と配置された作品群を前にすると
何者かに取り囲まれたかのごとく暗く重い空間に身を落とし込まれるような気持であった。

午後7時過ぎ写真館営業終了時、父の命により写場の照明を消しに行く役目は常に私であり
元来封建的な家風故その理由を聞く事すら出来ず暫くは必要以上の勢いで階段を駆け上がり
慌てて全てのスイッチを切り、そして階段を転げおりるという有り様であった。
あまりのけたたましさに程なく叱りを受けその後私は安全確実にその仕事をすべく
薄目をしたまま全てをこなす毎日となる、目をつむりたかったがさすがに手探りでは要領を得ない為、
眼前に広がるぼんやりした映像を頼りに明かりを消す事で仕事は手際よくこなせるようになった。
薄目で見たスタジオの風景に溶ける作品群は人像としては認識できるものの
手法を変えた事でその捉え方にも変化が生じある種ぼんやりした物体の一つ
として確認出来るようになり以前のそれとは違った印象で受け止められたのである。

その一連の作品との出逢いは結果私が作家として歩む上での重要な事柄となり畏敬の念を抱きつつ
今作ではそれら作品、父また写真を用いた表現者としての自らと如何に向き合うかを一つの課題とし
実験さながらの所作においてこの制作に至った。
前述のはっきりとした記憶を頼りにカメラを肖像作品に向けそして私(レンズ)が写り込んだ画像に
焦点を合わすとそれは丁度薄目をあけて見ていたあの頃のぼんやりした作品がファインダーに
表れた、そしてまた作品に焦点を合わせまた自分に焦点を合わせ直してみる、
繰り返していく程その動作は見えない距離を測る行為にも思え、カメラの小さな目盛りでは
測り得ない近くて遠い記憶との距離を感じたのである。
そしてその始終を多重露光を用いて一枚の写真に仕上げた時その鑑賞距離の変化によって僅かに
変貌する二重潜像の内在する視差からは前述の父との関係性と併せ自らの生業の趨向をもぼんやりと確認する結果となった。


桑島秀樹(KUWAJIMA, Hideki)

1964 大阪市に生まれる
1988 日本写真専門学校卒業

個展
2010 ART OSAKA2010(堂島ホテル)(大阪)
2008 ラディウム-レントゲンヴェルケ(東京)
2004 ヴァイスフェルト-レントゲンヴェルケ(東京)
2002 ペーパーヴォイスギャラリー(大阪)
   Limギャラリー(大阪)
2001 保加梨ファインアート(東京)
2000 保加梨ファインアート(東京)
1999 Y's Bash(名古屋)

グループ展
2011 「手練-巧術其之貳」スパイラルガーデン、東京
「掌10」ラディウム-レントゲンヴェルケ、東京
2010 「巧術」スパイラルガーデン、東京
「レントゲンコレクション」ラディウム-レントゲンヴェルケ、東京
2009 「掌9」 ラディウム-レントゲンヴェルケ、東京
2008 「Landshaft4」 ラディウム-レントゲンヴェルケ、東京
2004 「レントゲニア」ヴァイスフェルト-レントゲンヴェルケ、東京
2003-2004「108」イセファウンデーション、ニューヨーク
2003 「強制再起動」レントゲンヴェルケ、東京
    「MONO」レントゲンヴェルケ
    「The Morning Glory」パサージュ・ドゥ・デシール、パリ
2001 「Stay with Art-眺めの良い部屋」Hotel T'point、大阪

受賞
1999 「APA 日本広告写真家協会 APA2000」グランプリ
「エプソンカラーイメージングコンテスト」審査委員賞
1996 「JACA 日本ビジュアルアート展」特別賞
1993 「PARCOアーバナート#2」佳作

外部展覧会
2008-2009 「メゾンエルメス ウインドーディスプレイ」、東京、銀座
2009 「梅鉢茶会」金沢21世紀美術館、石川

■Hideki Kuwajima "Parallax" 2011/9/2(Fri)ー9/24(Sat)

We are pleased to announce an exhibition called "Parallax" by Hideki Kuwajima in September.
He takes pictures of glasses and decanters with a large-format camera and makes a layered prints with transparencies of these images.
This has resulted in his most important series of works ; "The World," which recall mandalas.
This is his first exhibition in Osaka, his hometown in many years and will be a new start.
His father ran a photo studio in the family's house and the works which will be shown in this exhibition are based on ones which his father made and showed in
the studio.
Kuwajima photographed his father's work using double exposure as if he was peering at them and the new series was born in analog.
The key to his works as a professional artist is his father and the family studio.
The works contain both the artist's and his father's time, and Kuwajima interest in photography and the job of the phorographer as a child.
They also contain a sense of his father's strict character, which he sometimes feared, and their complicated relationship over many years.
While "The World" is regarded as multilayered visual quest, "Parallax" is a temporal, psychological search.
This will create a strong contrast with the earlier work.
Please enjoy it.

Artist Statement
"Parallax"

The portraits which will be shown in this exhibition were photographed by my father in the 1950s and 60s.
At that time, portraits and advertising photographers were regarded as
regular photographers, unlike now. They were craftsmen who had a special technique and were part of a growing photographic industry.
It seemed very important and essential for my father to make his art works to improve his skill.
Regardless of whether the models were pros or amateurs, he
chose and photographed them based on his aesthetic view to shoot in the studio or on location.
These works expressed a distinct quality, as the models seldom smiled,
unlike the portraits and advertising photographs of the time.

There were a lot of photographs which my father created as
art works in his home-cum-studio.
When I first became aware of the things, the place he called "sha-jo"(studio) was like a cave in Hell for me.
When visitors came to the studio, he opened it and turned the lights.
It seemed the studio was filled with his art works instead of materials for the Coming-of-Age ceremony and other ceremonies connected to children Festival, I felt strange and frightened when I looked at them.
But now that I think about it, they just seem like strong expressions.
Because I was a child, I didn't understand the works well and I looked at them back and forth closer and farther away in the daytime only.
These art works were strange and scaring for me.
I felt as if I had been left in a dark space surrounding by unknown beings.

When the studio close at about 7pm, it was my job to switch off the lights on my father's orders.
There were so many strict rules in my house that I could not ask him the reason why. It made me rush faster than I should have up the stairs , switch them off and hurry back down.
As my father scolded me for any loud noise, I squinted as I did this task every day to finish it safely.
I wanted to close my eyes, but fumbling was impossible.
I switched the lights off based on the position of the art works.
As my eyes were open slightly, I could recognize each work as a portrait.
I felt they were different than before, I began to regard them as objects.
The encounter with these art works was an important experience for me to become an artist.
So I tried to make my these new works through my father's works with respect. This forced me to deal with my attitude as an artist instead of my father as an artist.
I aimed my camera at the portraits which my father had photographed through my memory and focused on the images, and the dim works which I had looked at in my father's studio appeared in the finder.
I focused on the works and focused on myself.
Repeating it was like measuring the invisible distance between my father and me.
I felt the close but distant memory which I could not measure would become more distant.
When I finished printing the first double- exposed image,
the parallax which was created by the different distances seemed like a symbol of the relationship between my father and me, my father's work and my work.


Hideki Kuwajima


1964 Born in Osaka Hideki Kuwajima
1989 Graduated from Japan Institute of Photography and Film
Lives and Works in Osaka

Solo Exhibitions
2010 ART OSAKA 2010 at Dojima Hotel, Osaka
2008 ''Vertical / Horizontal'' Radi-um von Roentgenwerke AG, Tokyo
2004  Roentgenwerke, Tokyo
2002 Lim Gallery, Osaka
Paper voice Gallery, Osaka
2001 Hokari Fine Art, Tokyo
2000 Hokari Fine Art, Tokyo
1999  Y's Bash, Nagoya

Group Exhibitions
2011 "Tedare-KOH-JUTSU vol.2" Spiral,Tokyo
"TANAGOKORO10" Radium von Roentgenwerke AG, Tokyo
2010 "KOH-JUTSU" Spiral, Tokyo
2009 "TANAGOKORO 9" Radi-um von Roentgenwerke AG, Tokyo
2008 ''Landshaft IV'' Radi-um von Roentgenwerke AG, Tokyo
2004 ''ROENTGENIA'' Roentgenwerke, Tokyo
2003-04 ''108'' Ise Foundation, New York
2003 ''The Morning Glory'' Passage du Desir, Paris
    ''THE FORCIBLE REBOOT'' Roentgenwerke, Tokyo
    ''MONO'' Roentgenwerke, Tokyo
2001 ''Stay with Art'' Hotel T' Point, Osaka
1996 ''JACA'' Isetan, Tokyo
1993 ''PARCO URBANART#2: fine work'' PARCO gallery, Tokyo, etc.

Prize
1999 EPSON color imaging contest: judging committee award
APA 2000: 1st prize
1996 JACA: special award
1993 PARCO URBANART#2: fine work

Other Activities
2009 "Umebachi Chakai -exhibition at Japanese Tea Ceremony-" 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa
2008 "Equal" Maison Hermes (Window Display), Tokyo,Ginza

| news | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | -|
スポンサーサイト
| - | 21:41 | - | - | -|
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zaisenu.jugem.jp/trackback/181
トラックバック


large_bnr01

copyright © 2011 ZaiSeNu some rights reserved